3年間で、私が読んだライティング本

今まで読んだライティング本

けっこう読んでますね。その割には身についていません。記憶に定着していません。よく言われる「ノウハウコレクター」、今は「ノウハウコレクター」から脱出したかなと思っています。こうして、実践として「書くこと」を優先していますから。

【ノウハウコレクターとは】学んだだけで満足し、決して実践しない人。悪い意味で使う。ようは、ビジネスではそのノウハウを生かして、実際に稼げなければ意味がないということ。

書くこと9 : 学び1

1日の作業での時間配分は、「書くこと9 : 学び1」これが鉄則です。けっこう、「今日はよく学んだな〜」と思ってしまい、安心してしまいます。私も学ぶことが好きなので、以前はそういうタイプでした。が、これでは何の役にも立たないのです。いくら学んでも、一行でも書かなければ「0」に変わりはありません。一行でも書けば、0→1に変わります。この差が大きいのです。

The Million Writing(ダウンロードPDF教材:3,980円)

何冊か読んだ後には、この教材を読んでみてください。ものすごく役に立ちます。頭の中のモヤモヤをスッキリさせてくれます。

「分かりやすい文章とは、主語をはっきりさせる」など、

簡単なことから明快に説明されています。いずれ、この The Million Writing のポイントをご紹介します。1回だけでなく何回も何回も読み直すことをお勧めします。私も今、3回目を読んでいます。pdf なので iPhone で移動の時よく読んでいます。
(無料 Dropbox にアップしておき、 iPhone で何度もアクセスし読んでいます)

読んだ本の一覧

あくまで読んだだけで、書くことをしなければ、何の役にも立ちません。誤字・脱字はあっても気にしないで、書くことを優先しています。太字はオススメ本です。

【セールスライティング編】

ウェブセールスコピーの法則(マリア・ヴェローソ)
ウェブセールスライティング習得ハンドブック(寺本隆裕)
禁断のコピーセールスライティング(神田昌典)
究極のセールスレター(ダン・ケネディ)
 この本の中に全ての基本が書かれています。でも、この本だけでは身につかない。
10倍売る人の文章術(ジョセフ・シュガーマン)
セールスライティング・ハンドブック(ロバート・W・ブライ)
伝説のコピーライティング実践バイブル(ロバート・コリアー)

【コピーライター編】

ザ・コピーライティング(ジョン・ケープルズ)
伝説の名著。インターネットの世界になって、さらに効きます。
伝え方が9割(佐々木圭一)
発想するコピーライティング(石原雅晴)
何度も読みたい広告コピー(PIE編)

【単行本編】

書く技術−何をどう文章にするか(森脇逸男)
3ステップ稼げる文章術−たった1通で3億円(高橋恵治)
武器としての書く技術(イケダハヤト)←超オススメ
ブログの書き方(石原雅晴)
SEO対策のためのWebライティング実践講座(鈴木良治)
文章力の基本(阿部絋久)
キャッチコピー力の基本(川上徹也)
大人の文章術(吉田裕子)
文章力が豊かになる本(小笠原信之)
100倍クリックされる超Web実践テク(東 香名子)
文章が一瞬でロジ・カルになる接続詞の使い方(吉岡友治)←超オススメ

【文法編】

基礎日本語文法−改訂版−
24週日本語文法ツアー
初級日本語文法と教え方のポイント

終わりに

こんなに読んでも、ホント頭に入っていません。情けなくなります。が、少しずつブログを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)