お問合わせフォームメール|Tel.042-325-4634

Done is better than perfect.

ブログ記事の簡単フォーマット

ブログ記事の簡単フォーマット

約300文字の段落3つで書いてみよう

誰かに読んでもらいたいから、あなたも私もブログを書きます。インターネットでは、短い文字数ではGoogleやYahoo!に登録されることが困難です。できれば、800〜1000文字の記事にします。ですから、約300文字で段落を3つ書けば、900文字になります。

その後に、「終わりに」や「まとめ」として、200文字ほど書けば、1000文字になります。小見出しを段落の前につければ、1000文字を超えます。1000文字の記事が50を超えてから、徐々にGoogleやYahoo!からのアクセスが増えてきます。

最初の段落に、伝えたい結論を書く

なぜ、最初に結論を書くのが良いのかには2つ理由があります。1つは、読者は最初の方をチラ見するくらいで、あなたのブログを見るからです。このチラ見で、何が書いてあるかよくわからないと判断されると、ブログは閉じられてしまいます。ですから、「この記事には、こんなことが書いてありますよ」と、最初に書いておいたほうが良いということになります。もちろん、とてもうまい流れで書ける文章の達人なら、別ですが。

もう1つの理由は、書きなれない初心者には、最初に結論を書くことで、今書いているのは何なのか、はっきり自覚できるからです。おうおうに、書いているうちに、あっちへ行ったり、こっちへ戻ったりして、いつの間にか何を書いているかわからなくなってしまう文章も多いです。

段落に箇条書きを入れてみよう

箇条書きは整理されているように感じさせますので、読者の目に留まりやすく注意も引きやすくなります。説明会などを思い出してください。人間はダラダラ説明されるより、「ポイントは3つです」と言われると、それまでウトウトしていた人も、ペンを持ち直しシャキッと聞く姿勢になります。文章も同じです。

また、箇条書きは次のように、数字を入れると分かりやすくなります。数は3つが、読みやすく覚えやすいです。もちろん、5つでも7つでも構いません。人間心理的には、なぜか奇数がオススメです。また、メモとして整理した内容を、そのまま箇条書きにすることもできます。

  1. 約300文字の段落3つで書いてみよう
  2. 最初の段落に、伝えたい結論を書く
  3. 段落に箇条書きを入れてみよう

終わりに

この初心者向け「ブログ記事の簡単フォーマット」3つを頭に入れて書いてみてください。今回の記事は、この「ブログ記事の簡単フォーマット」にそって書いてみました。(文字数も小見出しを入れているので1150ほどです)

もし、あなたがこの記事を読んで「分かりにくいな〜、何言ってんだかよく分からない」と思われたら、このページを閉じでください。そして。3カ月後、6カ月後またこのサイトに戻ってきてください。もっと分かりやすい記事を書いていますから。

このページのトップへ